鄭州

カンフー発祥の地で触れる古代の秘密

鄭州

中原で約3,500年前に作られた鄭州は、中国で最も古い街のひとつです。歴史遺産のほとんどは第二次世界大戦中に消失しましたが、今でも約1,400の文化的遺産が残されています。河南博物院、カンフー発祥の地として世界的に有名な少林寺、塔林、中国五岳のひとつを有する嵩山国家森林公園など、見所がいっぱいです。商業的発展に伴い、ビジネスマンや投資家も多く訪れます。