済南

聖なる山と儒教の歴史を感じる「泉城」

済南

山東省の済南は、美しい自然の魅力にあふれていることから、別名「泉城」と呼ばれています。雨期(7~8月)に訪れると「七十二名泉」を存分に楽しめます。街の中心部にある趵突泉が一番有名で、18世紀に乾隆帝がこの水を飲み「天下第一泉」と称賛しました。済南の近くには、孔子の生地、曲阜や、1,300年前に山肌に掘られた仏像が残る千仏山があります。近隣で最も壮観なスポットは、ユネスコ世界遺産に登録され、3,000年以上崇め続けられている中国五岳でもっとも尊い泰山でしょう。