ジャカルタ

伝統文化、植民地時代の建築、都会的なスタイルの融合

ジャカルタ

インドネシアの首都、ジャカルタは東南アジアで最も人口が多い街です。成長著しい大都会には、高層ビルや最新のおしゃれなショップと伝統的な文化が違和感なく融合しています。歴史的なコタ地域には18世紀のオランダ植民地時代からの建物が残っており、その並びには屋台街そして中華街が続きます。複合文化施設タマン・イスマイル・マルスキでは、ポエトリーリーディング、ジャズコンサート、伝統的なジャワ操り人形のショーなど、各種イベントが開催されています。夜更けと共に盛り上がりを見せるにぎやかなナイトライフも外せません。